◆なんのためにやってるのか?◆

◆なんのためにやってるのか?◆


テーマ:

ちょっと自分の力不足を感じて、悔しくて、挫折感があって

 

自分が今していること

 

「それってどうしてやってるの?」

 

その根っこを見失いかけてた。

 

コンサルティングの仕事

「やってみたいと思ったからやってる」

「人と向き合っているのが楽しいからやってる」

「自分と向き合い成長する過程を投稿することで、より自分の深い学びになるからやってる」

「過去の私であるあなたに寄り添って声をかけてあげたいからやってる・応援したいからやってる」

「あなたを通して私も成長できるそれが嬉しいからやってる」

「私の姿を見せ続けたいと思ってるからやってる」

「一緒に楽しいねって言いたいからやってる」

 

始めて、続けていきたい理由はこれ。

 

自分が行動を起こすこと(やってること)に対して

分かりやすい結果が伴うこと。

 

・投稿をしたら、コメントやいいねの数という結果

・告知を出すと、集客数の結果

・コンサルをしたら、お客さんの反応・成果という結果

 

などなど

これらの結果がめっちゃ気になる時は

 

自分が

「なんのためにやっているのか?」

を再確認する。

 

例えば、

私がさっき挙げた理由だけで、コンサルをしているとしたら

 

コメントやいいねがなくたって

告知を出して、申し込みが来なくたって

お客さんの反応が悪くたって

 

(失敗したって!!結果が悪かったって!!)

 

やりたいことやって、その過程が楽しくて、しかもその経験から学ぶことが沢山あって最高なハズ

 

それが、

まぁ、当然だけど

 

せっかくやるんだから

 

「良い結果が欲しい」って願ってしまうから

「失敗するのが怖い」

「成功しなくちゃ」

「ちゃんとやらなくちゃ」

に縛られて、輝きが制限されてしまう。

 

そんな想いを全部捨てて、純粋にやりたいから・楽しいからやっている

失敗しても・成功してもどっちでもいいの状態が

最も、「私」が光り輝けると思う。

 

成功という結果が欲しくて・成功した自分が欲しくてやっていたり

知ってる人・知らない人にどう思われるか目線を気にしていたり

 

結果にとらわれすぎると

いつまでも

最高の光を放てないんだなと思う。

 

思い出す

自分が今していることの理由

「それは、私が私を最高に楽しませるため」

 
 
 

子供を下に見ているから

子供を下に見ているから


テーマ:

今日、子供番組でいいこと言ってた。

****

A君「ねぇねぇ、ドッチボールやろうよ〜」

B子「今、本読んでるから後でね」

A君「俺は今、ドッチボールがやりたいんだよ!やろうよ!!」
A君はB子ちゃんの手を強く引っ張って誘う。

B子「無理やりしないで!(怒)」

A君「・・・何でそんなに怒ってるんだろう?」

B子ちゃんが、何で怒っているか分かりますか?A君、B子ちゃんと同じ立場にしてあげよう!

(A君 B子ちゃんと逆の立場になって同じことされる)

A君「そうか・・無理やり誘われたら嫌な気持ちだね」

****

これ、親が子供によくやってること。
そのまんまです。

子供同士がやっていたら

親は、子供に「もっと優しく誘った方がいいよ?」
とかいうところ。

でも、自分の子供には

「〇〇して!〇〇しなさい!」「何でやらないの!」

って声をかけちゃってる。

私たちは、無意識に子供達を自分の下として見ている。

いうこと聞くのは当たり前

だからこんな言葉遣いで

自分の子供たちをコントロールしようとしてしまうんだな と。

「私は、〇〇してほしい」

をもっともっと丁寧に伝えていこう。

そして、それをするかどうかは相手(子供)にも選ぶ権利がある。

それを選択した責任は相手(子供)にある。

私も、ものすごくこれを忘れちゃって

ついつい言ってしまうんだけど

ハッとさせてくれた

番組でした^^

起業しました

起業しました


テーマ:

2016年12月8(木) 

私の喜びの物語が更に発展するように

種を撒き

沢山の喜びの実がなり

それを多くの人たちと分かち合う

そんな願いを込めて

本日個人事業主として開業届を提出しました

屋号は

フォーミー(FOR ME)

以前 投稿でも出したけど

全ては自分から

自分をまず 喜びや愛で満たそう

そしてその先にパートナーや家族 お客様がいて

溢れる愛を分かち合う。

それを忘れないように

全ては自分が喜びを得るためにはじめよう

自分にも

出会うお客様にもそうしてほしい

そんな想いが広がればいいなと思ってつけさせていただきました。

******

思えば、

仕事を辞めてから

約3ヶ月走り続けてきた。

自分に向き合い

やりたいことをやり続け

壁も沢山越えてきた

だからめっちゃ時間が長く感じていて

あれ?まだ3ヶ月しかたってないの?

って感じている。

そのくらい毎日が充実しているのだ。

****

まずは残りの2016年

徹底的に 今のお客様に向き合い

成長させる。

今の私の持つ知恵を欲しい分だけぜーんぶ

受け取ってもらう。

そのための知恵を絞る。

そして私が、一番自分の課題に真摯に向き合い越えていく

その姿を見せ続ける。

そして、今受けている笠松拓也さんのグループコンサルのメンバーを徹底的に応援する。

私に関わる全ての人が上昇するイメージなので

それを実現させたい

やりきりたい

まずはやりきって

その先の景色を見にいきます。

自分の扱い方を知る

自分の扱い方を知る


テーマ:

ナミさんのトリニティストリーム診断を受けてきました^ ^

 

「自分の扱い方を知る」

 

これを極めたいと思いまして。


というか自分が商品ならこれは必須だなと思いまして、この度縁あって診断を受けることにしました。

 

自分の強みは、自覚しやすいから扱いやすいけど、自分が陥りやすいパターンを知っておくと、そこから回復するのも早い。


出来ないことが予め分かっていると、それに対する対応策を取ることができるとおもいます。

 

私、自分の事結構分かっているつもりだったんですよね。

特徴とか強みとか^ ^でも、今日は自分の強みを知るというより、自分の苦手や無い物を知れて、それをどう補っていくかを知ることが出来ました。

 

向いていない物事も分かって、そこは諦めて別の解決策を使おうと思いました。

 

ナミさんは、九星気学など色々な診断をミックスして相談者の性格の診断とカラーサポートとしてラッキーカラーを教えてくれました。

 

私は、全体的にポジティブな人で楽観的、でもごく親しい人の前では、ややネガティヴで落ちやすい。なんだかんだ言って大丈夫そうな人だそうです。

 

五行は土多いから、人との調和が第一


木がないから、空気読めない共感力がない。

 

調和しているかどうかはわかるけど、してない原因は分からない。

 

Offでは水がないから、情報収集・コミュニケーションが苦手、書かないと色んなことを整理できない。

 

土が多いから人の為の縁の下の力持ちになりすぎる傾向がwそしてマイルールを押し付ける傾向がw

 

などなど思い当たるフシが色々ありました。

確かに私は、情報を書いて頭に入れるタイプです。

 

そんな風に自分の特徴を頭に入れておくと

他の人と比べて出来ない事に悩んだりしなくて済むし どこを活かして どこをカバーして動こうかそんな事に活かせて、ますますパワーアップ出来そうです^ ^

 

観葉植物がいいみたいなので、探したいと思います。

いやー楽しかったです^ ^ナミさんありがとうございました

プライドを捨てろ

 プライドを捨てろ


テーマ:

自分で自分を認めてあげられてなかったから

 

学歴とか仕事とかにずっと自分を求めていて

 

自分の中の今まで正しいと思ってやってきたこ

 

それを否定すると

 

自分がなくなっちゃうって幻想があって

 

この小さなプライドをずーーーーーーっと握りしめてたから

 

自分の常識の範囲内でしか

 

選択肢を見つけられない。

 

以前の私は 本当にそんな人だった。

 

それを一番最初に打ち破ったのが

プロマネを申し込んだ時だった。

 

最近、それを忘れていた自分を発見して

 

色んな事に うだうだ言っていて

 

まー それも自分がそれをしたいからやらないで遊んでるだけだったんだけど

 

まだまだ自分の中に常識の範囲内でやろうとしてるってのが残ってるのを感じるから

 

色んな投稿を読んだりして

異常にその部分に反応してる。

 

その常識の範囲をぶち破るのが

 

「どんな自分の願いもまず叶えるとして」

 

という設定で

 

色んな選択肢を出していくことだと思う。

 
 

旦那への影響についてまとめ

旦那への影響についてまとめ


テーマ:

旦那への影響についてまとめ

自分自身を生きると決めて行動を重ねていると、そんな姿を見て旦那も変わってきて、今日は、そんな事を実感したのでまとめます。

 

***

 

「野宿したい」

 

ある日突然、旦那が言い始めました。

 

読んでいる本の影響でロウアーセルフと繋がりたいとかなんとか言って12月の山形で、山に行って一晩明かすと言い始めました。

 

野犬に食べられるんじゃないか

 

熊に襲われるんじゃないか

 

と色々思いましたが、「はいどうぞ」と二つ返事で許可。

 

でも、昨日は色々あって行かなくて

 

今日、イライラしてるみたいだから

望みを叶えに行ってこい

と送り出しました。

 

(その間、私は夕方寝て、カニ食べてました)

 

旦那の一件は、FBの彼の投稿をごらんください

 

****

 

以前に比べて

お互いに、自分の気持ちや希望を素直に相手に表現できるようになったなーと思います。

 

昔は、家族のために何かしてあげるのが当たり前

 

「働いて稼いでくれているんだから」

「子供の面倒見てくれているんだから」

 

って、相手が自分のためにしてくれている事が分かっているからこそ

自分の中に湧いてきた欲求を伝えられなかった。

 

相手は十分にやってくれている それを認めてるからこそ

 

「こんな事望んでもいいのかな?」

「こんな事言っても結局ダメかもしれないし」

 

そんな想いを抱いては、言葉をのみこんでた。

 

仲は悪くなかったけど

言えない部分(細かい家事・育児については)

 

『お願いだから、 察してよ』

 

そんな関係。

 

相手に協力を求めることに対して自分に許可をずっと出せなかった。

 

「自分がやったほうが気が楽」

「こんなことまで望んで、なんて思われるかな」

「否定されたくない」

「喧嘩になりたくない」

「あなたに嫌われたくない」

「あなたに嫌われた私を見たくない」

 

だから、ずっと伝えられなかった。

 

勇気を出して、

少しずつ「こうしてほしい」を伝えるようになって

 

「これ以上は、もうついて行けない」

 

そんな事を何度も言われた。

 

叶うかどうかは別

伝えることを諦めたくない。

 

そんな思いで、どんなことも伝えるように努力中。

 

もちろん、全ての願いが叶っているわけじゃない。

 

家事・育児の分担はほとんど変わっていないし。

 

でも、

お互い察して相手のためにやっている がなくなって

 

お互いが相手のために納得してやっている

 

に変わってきた。

 

「小さな本音を伝えた」ことで

 

相手からも

 

「小さな本音を伝えてくれる」ようになった。

 

だから以前よりも些細なことでぶつかるようになったけど

以前よりも相手を信頼してる。

 

まず自分を大事にしてるから

相手を大事にできるようになってる。

 

全ては自分から

それから全ては変わる。

いろんなところでこれを実感してます

◆子供達にのこすもの◆

◆子供達にのこすもの◆


テーマ:

◆子供達にのこすもの◆

「子供と過ごす時間を自分が自分自身を生きるための時間にもっと使う」

 

「その代わりに、自分が自分自身を生きて、最高に輝き、楽しんでいるその姿を子供達にのこす」

 

この方程式ができて

やっと決めれた。

 

私 子供と過ごす時間が減るのが怖くて

この壁に何度も何度も戻ってくる。

 

何度も壁を認識しては立ち止まって

越えられずにいた。

 

今日も、この自分自身を生きる上で、この壁を認識させられる出来事が起こり

「怒り」

という感情が湧きあがった。

 

一人で感情に向き合うために

プチ家出して

体で怒りを感じきる

 

「それでどうしたい?」

 

って聞いてみたら

 

やっぱり

「子供とか関係なく、自由に本気で仕事したい」

が出てきて

 

やっぱり そうなのね

って大爆笑する。

 

もう、ダメだこりゃ これで間違いない ってなってます。

 

壁を見つけたら 越えるだけ

 

ですが

一回で越えられないから何度も戻ってくるわけです。

 

**
いつ越えたっていい

「出来る 出来ない じゃなくて その気持ちに気づいてあげることです^ ^」

 

師匠の拓也さんのお言葉が心の支えになってるので

「気持ちに気付いただけでとりあえずOK」

まず10回自分に言い聞かせてみます。

 

***
それから自分が怖いと思っていることを明らかにする。

 

私がその願いを叶えたら
・子供に「ママと一緒にいたい」と言われたら心が痛むこと
・何かあったとき、母親が子供ほったらかしにして仕事してるからだと言われること
・将来、子供に今の自分を責められること
・知らない人に預けて子供が不安な思いをすること、それで自分の心が痛むこと
・将来、子供が大きくなったとき、小さい時もっと一緒にいてあげればよかった と後悔すること

 

特に、最後が一番自分にとって痛い、怖いと思っていることのようです。

 

だから、子供と過ごす時間を減らすことが怖かった

 

恐れていたことが怒涛のごとく起こって最悪の状況になったとしても

 

自分の望みを叶えますか?
そんな後悔している自分を愛すると決めますか?

ですが

 

私は今後

子供達と過ごす時間を、自分自身を生きる時間にもっと使っていくことで

その代わりに、自分自身が最高に輝き、楽しんでいる姿を子供達にのこしていくんだ

 

そう自分に言い聞かせることで

自分の壁を越えます。