旦那への影響についてまとめ

旦那への影響についてまとめ


テーマ:

旦那への影響についてまとめ

自分自身を生きると決めて行動を重ねていると、そんな姿を見て旦那も変わってきて、今日は、そんな事を実感したのでまとめます。

 

***

 

「野宿したい」

 

ある日突然、旦那が言い始めました。

 

読んでいる本の影響でロウアーセルフと繋がりたいとかなんとか言って12月の山形で、山に行って一晩明かすと言い始めました。

 

野犬に食べられるんじゃないか

 

熊に襲われるんじゃないか

 

と色々思いましたが、「はいどうぞ」と二つ返事で許可。

 

でも、昨日は色々あって行かなくて

 

今日、イライラしてるみたいだから

望みを叶えに行ってこい

と送り出しました。

 

(その間、私は夕方寝て、カニ食べてました)

 

旦那の一件は、FBの彼の投稿をごらんください

 

****

 

以前に比べて

お互いに、自分の気持ちや希望を素直に相手に表現できるようになったなーと思います。

 

昔は、家族のために何かしてあげるのが当たり前

 

「働いて稼いでくれているんだから」

「子供の面倒見てくれているんだから」

 

って、相手が自分のためにしてくれている事が分かっているからこそ

自分の中に湧いてきた欲求を伝えられなかった。

 

相手は十分にやってくれている それを認めてるからこそ

 

「こんな事望んでもいいのかな?」

「こんな事言っても結局ダメかもしれないし」

 

そんな想いを抱いては、言葉をのみこんでた。

 

仲は悪くなかったけど

言えない部分(細かい家事・育児については)

 

『お願いだから、 察してよ』

 

そんな関係。

 

相手に協力を求めることに対して自分に許可をずっと出せなかった。

 

「自分がやったほうが気が楽」

「こんなことまで望んで、なんて思われるかな」

「否定されたくない」

「喧嘩になりたくない」

「あなたに嫌われたくない」

「あなたに嫌われた私を見たくない」

 

だから、ずっと伝えられなかった。

 

勇気を出して、

少しずつ「こうしてほしい」を伝えるようになって

 

「これ以上は、もうついて行けない」

 

そんな事を何度も言われた。

 

叶うかどうかは別

伝えることを諦めたくない。

 

そんな思いで、どんなことも伝えるように努力中。

 

もちろん、全ての願いが叶っているわけじゃない。

 

家事・育児の分担はほとんど変わっていないし。

 

でも、

お互い察して相手のためにやっている がなくなって

 

お互いが相手のために納得してやっている

 

に変わってきた。

 

「小さな本音を伝えた」ことで

 

相手からも

 

「小さな本音を伝えてくれる」ようになった。

 

だから以前よりも些細なことでぶつかるようになったけど

以前よりも相手を信頼してる。

 

まず自分を大事にしてるから

相手を大事にできるようになってる。

 

全ては自分から

それから全ては変わる。

いろんなところでこれを実感してます

◆子供達にのこすもの◆

◆子供達にのこすもの◆


テーマ:

◆子供達にのこすもの◆

「子供と過ごす時間を自分が自分自身を生きるための時間にもっと使う」

 

「その代わりに、自分が自分自身を生きて、最高に輝き、楽しんでいるその姿を子供達にのこす」

 

この方程式ができて

やっと決めれた。

 

私 子供と過ごす時間が減るのが怖くて

この壁に何度も何度も戻ってくる。

 

何度も壁を認識しては立ち止まって

越えられずにいた。

 

今日も、この自分自身を生きる上で、この壁を認識させられる出来事が起こり

「怒り」

という感情が湧きあがった。

 

一人で感情に向き合うために

プチ家出して

体で怒りを感じきる

 

「それでどうしたい?」

 

って聞いてみたら

 

やっぱり

「子供とか関係なく、自由に本気で仕事したい」

が出てきて

 

やっぱり そうなのね

って大爆笑する。

 

もう、ダメだこりゃ これで間違いない ってなってます。

 

壁を見つけたら 越えるだけ

 

ですが

一回で越えられないから何度も戻ってくるわけです。

 

**
いつ越えたっていい

「出来る 出来ない じゃなくて その気持ちに気づいてあげることです^ ^」

 

師匠の拓也さんのお言葉が心の支えになってるので

「気持ちに気付いただけでとりあえずOK」

まず10回自分に言い聞かせてみます。

 

***
それから自分が怖いと思っていることを明らかにする。

 

私がその願いを叶えたら
・子供に「ママと一緒にいたい」と言われたら心が痛むこと
・何かあったとき、母親が子供ほったらかしにして仕事してるからだと言われること
・将来、子供に今の自分を責められること
・知らない人に預けて子供が不安な思いをすること、それで自分の心が痛むこと
・将来、子供が大きくなったとき、小さい時もっと一緒にいてあげればよかった と後悔すること

 

特に、最後が一番自分にとって痛い、怖いと思っていることのようです。

 

だから、子供と過ごす時間を減らすことが怖かった

 

恐れていたことが怒涛のごとく起こって最悪の状況になったとしても

 

自分の望みを叶えますか?
そんな後悔している自分を愛すると決めますか?

ですが

 

私は今後

子供達と過ごす時間を、自分自身を生きる時間にもっと使っていくことで

その代わりに、自分自身が最高に輝き、楽しんでいる姿を子供達にのこしていくんだ

 

そう自分に言い聞かせることで

自分の壁を越えます。

For me

For me


テーマ:

「自分のために」

 

これが、すごくすごくしっくりきていて

 

どこまでも自分のために

 

いつも自分のために

 

誰かのために自分を忘れてきた私

 

今でも、ついつい人のために頑張ろうとしてしまう私

 

そんな私が

 

「For me」を思い出して

 

過去の自分を救うため 今の物語を作っている。

 

今の私にぴったりで、一番心に留めておきたいのはこの言葉。

 

誰かを素晴らしいと思う・誰かを羨ましいと思う

 

自分にない何かを探して焦ったり

 

直そうと思って四苦八苦したり

 

そういうこともやってきた。

 

全部、自分のためにあなたが存在している

 

自分のことを深く深く理解し、愛するためにあなたがいるんだ。

 

そんな視点をもらって

 

何度も「自分のため」を思い出して振り返ってきた。

 

誰かのために役に立とう

 

誰かのためが自分のため

 

そんな風にずっと過ごしてきたけど

 

本当は逆で

 

自分のためにしていることだからこそ、本当に必要な誰かのためになる

 

それを忘れたくない。

今どんな状態で生きているか

今どんな状態で生きているか


テーマ:

私が今どんな状態で生きているか

 
以前の私はね
 
周りの人に何を言われるのかってことをいつも気にしていて、失敗したらどうしよう、笑われる、後ろ指さされる・批判されるのが嫌、他の人と違うことが不安
 
そんなことを恐れていたもんだから
 
何をするにしても「周りはどう思うか?」が判断理由に入ってた
 
心の奥にある【本音】をなかなか言えず苦しんだ
 
それでも、
 
自分を成長させたい、何かをやり遂げたいという
 
想いがずっとあったから
 
セミナーに行ったり、自己啓発本を読んだり、ネットで調べたり、メルマガ読んだりして
 
なんとか自分を変えようとして行動してた。
 
夢を書き出したり
現状を洗い出したり
ドリームボード作ったり
色々してました。
 
お金があれば安定して幸せになると思って、貯蓄にハマったり投資にハマったり。
 
でも、自分の中に「これだっ」っていう直感がなくて続かないし、変わったって実感もないまま何年もぼやーっと過ごしてた。
 
今思い出したけど、結婚する前は、毎日深夜までオンラインゲームしてましたw
 
「自分自身を生きる」
 
を決めてから、少しずつだけど変わり始めた。
 
まず、
 
お金を「自分に支払う」をして未来の自分に投資した。
 
自分が自分に投資してるもんだから必死で
 
毎日真剣に自分の将来、未来について考えた。
 
そこで、終わらずに
 
現実を変える行動につなげた。
 
 
不思議なもので、
 
私が当初変えたいと思っていた本音がなかなか言えない性格は
 
「人の心に寄り添える」という武器になり
 
自分も誰かを導きたい という未来につながった
 
 
 
「自分自身を生きる」を続けたら
 
人からどう思われるのかなんて気にならなくなり
 
毎日、思ったことを発信して
 
告知を出すことまで出来るようになった。
 
 
「失敗したらどうしよう」は
 
失敗したって大丈夫!
 
何もしないで後悔することの方が嫌 になった。
 
何があっても、笑って【人生のネタ】に出来る自信がある
 
 
「後ろ指さされる・批判されたらどうしよう」は
 
それだけ注目浴びるようになったんだなー
 
それだけ自分が頭一つ出たんだと思って嬉しくなる
 
くらいにしか思えなくなった。
 
「他の人が自分をどう思うかは相手の問題で、自分を傷つけるのは自分」
 
だって本当に理解できた。
 
自分を傷つける自分のことを見つめてあげる方がはるかに大変だからかもw
 
 
自分のことが整うと
 
パートナーとの関係もますます良くなって
 
最近は、ほとんどなくなって、笑顔が増えたって言われる。
 
夫婦の時間をもっと大切にしたいって思えるようになって、デートしたりしてる❤️
 
これはまた別記事で書きます👍

家事・育児を気にせず自由に仕事したい

家事・育児を気にせず自由に仕事したい


テーマ:

「家事・育児を気にせず自由に仕事したい」

 

自分の中にずっとあったけど

子供・家族に対する罪悪感があって

認めるのが怖くて

それなら自分が我慢する方が楽だってどっかで思ってた。


そういえば、臨床工学技士として働いていたとき

何が苦しかったのか…

 

子供がいることを理由に

希望の仕事がしたいと言えない

残業しない

待機しない

そんな自分が嫌だったんだっけ。

 

その気持ちの過去ブログ↓想いを伝える

http://ameblo.jp/morimayutab/entry-12204680351.html

 

自分を制限かけて

やりたいことを諦め続けていたことが嫌だったんだっけ。


今も同じこと 繰り返してた。


昨日、勇気を出して旦那に相談しました。

 

「今、自分が仕事していないことを理由に、現状への不満を内に留めていること」を

「家事・育児に対して、もっとこうしてほしい」

「育児に関する責任をもっと一緒に担ってほしい」気持ちがあることを

 

昨日、旦那は一人で一日中子供達と過ごしてくれていたから

すごく落胆して、静かに怒ってました。

 

「出ていく」って言われました。

 

(へ!?どちらへ!?)

 

旦那にしてみれば

一日、子供達の面倒を見ていたし、

日々の家事も手伝ってるし

俺は仕事もしてるのに、

これ以上何かしろって…

もうついていけない。

そんな気分だったようです。

 

一時は険悪な雰囲気でしたが、

それこそお互いに想いが全部出るまで

しっかりと話し合った結果


私は、
家事・育児の分担を変えていくことよりも

上に挙げた気持ちがあることを

もう自分の中だけに留めておくことが出来ないから

そんな気持ちが私の中にあること

それを旦那に対して出すこと

ただそれを全肯定して受け止めてほしかった。

 


旦那は、

仕事の休み・仕事から帰ってきてからの時間を工夫して子供達と過ごす時間にあてたり

私の負担を減らすように率先して家事を手伝ってくれたり

彼の出来る範囲では十分担っているつもりだったから

ただそれを褒めて欲しかった。


お互いに相手にしてほしいことが伝わり

お互いがお互いを思いやっていたことが改めて分かって

笑顔が広がった。

 

HAG♡HAG♡


それと同時に

自分の心の深いところを支えてくれていることを改めて実感して

感謝が溢れた。

愛おしい気持ちでいっぱいになった。

 

本当に本当に何でも話して、もっともっと分かち合っていきたいと思う。


p.s.

旦那は「出ていく」と言ったとき、野宿するつもりだったようですw


玄関を出て、外に行き、こっそりとベランダに入り

我が家のベランダで野宿するつもりだったようです

自分の心地よさを優先させる

自分の心地よさを優先させる


テーマ:

打算を越えて何よりも自分の心地よさを優先させていく

 
先日のハローワークで気づかされたことで
 
自分の中で出し切れていなかった
 
というか出すことにまだ迷いがあって書けなかったことを 決め切ったので出しますね!
 
私、12月末で求職期間が終わるので
 
1/1までに、再就職するか、64h/月以上バイトするか、自分で開業するかしないと
 
子供達を保育園に預けられなくなっちゃうんです。
 
安全に安心に
「バイトしながら自分を生きる生き方を広めていく」
 
方法もあったんですけど、ハローワークの一件で
 
開業届けを出す事に気持ちが傾いていました。
 
何でそんな事に悩んでたかって
 
実績も何もないのに開業届出す事に抵抗があった。(確定申告面倒という気持ちもあったw)
 
だから、実績が出たら届けを出そうなんて
 
自分に許可を出すために
 
こうなったらこうしようという
「何かしらの条件」
 
を作っていました。
 
でも、そんな条件の中でしか自分に与えてあげられないなら
 
いつまでも【夢 】が叶わないかもしれない。
 
自分の人生を
 
誰かの選択に委ねてる
 
って気付いちゃったので
(もう一回失敗済みなので)
 
もう、【こうするって決める】それだけです。
 
ーーー
 
 
開業届出すんなら
 
12/8(木) この日が絶対にいいなーと思っていて
 
それを叶えると
 
失業保険のお金貰えないし
 
笠松拓也さんのコンサルにも遅刻(出れない) かもしれない。
 
っていうか プロマネで、この日のコンサル休んじゃうの!?って想いもあって
 
自分を想いを一番大切にするために、他の大事な何かを捨てなきゃいけないかもしれない。
 
そんなデメリットもある。
 
でも、私の人生ってこんなつまんない生き方じゃなくて
 
もっと やりたいこと したいこと
 
一直線に 真っ直ぐ 取りに行く������
 
これだなー って思っていて✨
 
その姿をもっともっと魅せていきたいって思ってるから
 
プライドとか
お金とかコンサルとか師匠大切にしたいとか全部蹴って
 
自分の心地よさ最優先
 
12/8(木)に「開業届を出す」ことにしました。
 
 
今日、笠松拓也さんやコンサルの仲間にも報告して、今日ここに報告します

大切にしていることと変化の理由

大切にしていることと変化の理由


テーマ:

私がコンサルをうけると決めてから今まで

 

【自分自身を生きる】と決めたのは、 7月26日のことでした。

 

この日は宇宙の時間(13の暦)でいうと、1/1にあたる日で

 

私も全く知らなかったのですが、自分が【大いなる何か】の一部だということを改めて実感していて、

 

その流れにのること・無理しないことを

 

自分が行動するときには大切にしています。

 

よく、全ては自分が知っていると言ったりしますが、それを大事にしている感じです。

 

それは、自分が「こうしたい!」と思った事に対して、「今は怖くて無理だからしない」ということではなく

 

むしろ、自分が「こうしたい!」「これだ!」と思ったことに対しては

 

多少の不安や恐怖をこえて取り組んでいます。

 

7/26からもうすぐ4か月が経とうとしていますが、

 

臨床工学技士として病院で働いていたところから、

 

コンサルの告知を出そうと思えるまでに至るのがこんなに早いのは

 

自分の先行く人に、今の自分の状態・壁(課題)を教えてもらい

 

現実の読み解き方という視点を得て

 

その取り組むまでのペースはひとそれぞれで、私自身も自分が「無理なく」というペースを大切にしています。特に大きな決断が必要なものは…

 

タイミングもすべて自分が知っている^^と思っています。

 

それに、私自身がとても得意にしているのがインプットとそこからの応用

 

笠松拓也さんのプロマネ(弟子)としてコンサルに参加していますが

 

コンサルレポート(議事録)を書いています。

 

1回、約3時間のコンサルを、全部文字におこすの約6~9時間かかるんですよ。(約2日)

 

でも、めちゃくちゃ勉強になる。努力は全部自分の資産になる。

 

最初はただ聞いて書くだけだったけど、

 

他のメンバーが話していることだって、全て自分の今に繋がっていて

 

全てを自分に応用する力がついてきていると思います。

 

やっぱり自分のことは見えにくいけど、

 

かなり自分で自分の状況を捉えて越えていく力がついてきていると感じます。

 

私がコンサルを受けて、自分自身に体現してきているから

 

他の人に対しても渡せる。その力を今度は他の方にアウトプットしたい。

 

そして、私自身がそうしてもらったように

 

一番辛い時に、あなたができることを信じる存在でいたいんです。

 

モニターさんを募集して試したい理由です^^